治療後も予防しよう

肌のくすみを取りのぞくための一般的な治療として、まずはケミカルピーリングから始めることが多いようです。ケミカルピーリングは、現在の肌をはぎ取る!なんだか恐ろしい言い方かもしれませんが。酸性のくすりを肌に塗って、角質層を溶かすのです。本当は角質層が徐々に上がってきて新しい肌にうまれかわるというのが肌のメカニズムなのですが、肌の表面に古い角質がそのまま残ってしまったり、毛穴に詰まることで上手くはがれ落ちずに、残ってしまうことがくすみの原因となっていると考えられています。ケミカルピーリングを施すことで、新しい肌にうまれかわり、ハリや艶も蘇ると言われています

これ以外にも、さまざまな方法でくすみを取りのぞくことができます。ビタミンCを肌に導入することで血行促進にも繋がるイオン導入やレーザー治療では、メラニン色素を分解することで肌のくすみの原因が解消されたり、美容成分が含まれているプラセンタなどを注射する方法もあります。

美容皮膚科では、これらの治療を組み合わせることで、より一層早く効果を得られると言われています。ただし、治療をしてくすみの原因が除去されても、日頃の生活を見直さなければまたメラニンが蓄積されてくすみを生みだしてしまいます。紫外線の多い季節には日焼け止めクリームを塗り予防することが大切です。


関連記事

  1. 美容皮膚科で出来ること
  2. くすみの原因を知ること