治療後も予防しよう

肌のくすみを取りのぞくための一般的な治療として、まずはケミカルピーリングから始めることが多いようです。ケミカルピーリングは、現在の肌をはぎ取る!なんだか恐ろしい言い方かもしれませんが。酸性のくすりを肌に塗って、角質層を溶かすのです。本当は角質層が徐々に上がってきて新しい肌にうまれかわるというのが肌のメカニズムなのですが、肌の表面に古い角質がそのまま残ってしまったり、毛穴に詰まることで上手くはがれ落ちずに、残ってしまうことがくすみの原因となっていると考えられています。ケミカルピーリングを施すことで、新しい肌にうまれかわり、ハリや艶も蘇ると言われています

これ以外にも、さまざまな方法でくすみを取りのぞくことができます。ビタミンCを肌に導入することで血行促進にも繋がるイオン導入やレーザー治療では、メラニン色素を分解することで肌のくすみの原因が解消されたり、美容成分が含まれているプラセンタなどを注射する方法もあります。

美容皮膚科では、これらの治療を組み合わせることで、より一層早く効果を得られると言われています。ただし、治療をしてくすみの原因が除去されても、日頃の生活を見直さなければまたメラニンが蓄積されてくすみを生みだしてしまいます。紫外線の多い季節には日焼け止めクリームを塗り予防することが大切です。


関連記事

  1. 美容皮膚科で出来ること
  2. くすみの原因を知ること

くすみの原因を知ること

カウンセリング肌の透明感がなくなってきて、化粧映えがしなくなったら、美容皮膚科で一度無料カウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。くすみが原因である場合が多いです。一般的な皮膚科では、肌のくすみを取りのぞくことはできませんが、美容皮膚科であればその問題に真っ向から向き合った治療をしてくれるでしょう。実は、くすみなどの肌トラブルの際に美容皮膚科と同じよう内容が書かれているエステの広告を目にすることもあるでしょう。エステでも同様の治療ができるようですが、ホワイトニングが主体となりますので、本来の肌ケアの改善には繋がりにくいケースが多々あるようです。やはり、美容皮膚科を受診して、肌本来のスキンケアを行うことをおすすめします。

それでは、肌の透明感を引き出すために、くすみの原因となるものを取りのぞかなければいけませんが、その治療内容も様々あります。くすみの原因が何かを特定するところからはじめなければいけませんね。メラニンが角質層に隠れている場合・乾燥肌や血行不良が原因かもしれません。どのような治療方法でくすみの原因を取りのぞくのかは、やはりカウンセリングをしてみなければわからないことです。一度、無料カウンセリングを受けて、治療方針を確認してみましょう。


関連記事

  1. 美容皮膚科で出来ること
  2. 治療後も予防しよう

美容皮膚科で出来ること

最近、化粧のノリも悪くなってきたし、以前のような透明感の肌じゃなくなってきてしまった!とお悩みの多くの女性たちのために「美容皮膚科」について説明します。シミも増えてきて、肌のハリも艶もなくなってきているみたい。そのような素肌にいくらお化粧を施しても、それらを隠すためのファンデーションばかりが厚く塗られてしまって見た目もきれいではありませんよね。

美容皮膚科どうすれば、肌の透明感を手に入れられるのでしょう。このような肌トラブルを改善するためにあるのが美容皮膚科です。美容皮膚科は、どのような診療をしているところなのでしょうか?水虫や魚の目などの治療でお世話になる一般的な皮膚科とは、根本的に治療内容が違います。また保険も適応外ですので、お金に余裕がなければできない治療ですね。

美容皮膚科では、このような肌の悩みにおいて、どういう診療をするのが一般的なのでしょうか?美容皮膚科は、肌トラブルの原因となっている根本的な治療をすることに着目していますので、皮膚全体に対する治療をして肌そのものを見直すことをしています。確かに、シミやニキビなどはそれだけを治したとしても、肌質が悪ければまた出来てしまって同じことの繰り返しになってしまいますからね!

肌全体を明るくすれば、それだけシミなども目立たなくなるというわけです。年齢とともに肌の透明感が無くなってくるケースも多くそのような場合には、美容皮膚科では、肌を暗くしてしまっているくすみをとる治療を施してくれます。


関連記事

  1. くすみの原因を知ること
  2. 治療後も予防しよう